So-net無料ブログ作成

このライブで感じたこと(ネタバレなし) [テゴマス]

どうもです。
横アリ3days、5公演、行ってきました。
連日の横アリ通いはなかなか大変でしたが、充実してました。
こういうの久しぶりだしね。

わたしは名古屋には行かないので、横浜ラストが、わたしのオーラスでした。

横浜が終わってしばらくは、まほうがかかったままで。
そんな中で、いつもわたしが思い浮かべていたのは、増田さんの背中でした。

今回のライブ、背中ばっか見てた。
それはステージ構成や座席の位置の問題とかではなくて。。
まあ、前回前々回とはステージの構成が違うので物理的にもそうなってくるっちゃくるんですが。

そういうのは置いといても。
増田さんの背中を、いつもよりじっくり見ていました。

なんていうか。
一言じゃ、言い表せないんだけど。

とっても穏やかで、満たされている背中してた。

にゃんや、バンドさんスタッフさんを信頼しきっていて。
今の、そのステージにいる自分に自信もあって。
ファンの前にいることを、とても幸せに思っていて。

いい仕事してるオトコの背中っていうんですかね。
すっごくステキな背中だった。
年齢も体格的にも、まとう雰囲気も大人になって、背中で語れる男になったってことかな。


相変わらず、ブレない仕事っぷり。
だからすごく、見ていて安心したというか、感心したというか。
いろんな意味でおっきくなったなーって、おねいさん、目頭熱くなったよ。

お客さんの笑顔みると、涙でるくらい嬉しいって、言ってくれてたことあったけど。
そんな一瞬を、今回は特に多く感じたよ。

いろんなことあって、それでもついてきてくれるファンのこと、とても大事に思ってくれているって、すごく伝わってきます。

だから、安心してそこで歌ってなよって思った。
わたしたちは、そばにいたいと思っているからさ。
あんな背中見せられたら、そう言うしかないじゃんか。

そして、増田さんがそんな風にあそこにいられるのも、にゃんがいてくれるからこそ。
優しい優しい笑顔の奇跡の相方さん。
これからも、増田さんをよろしくね。


大人な背中してみたり、わがまま言ったり、可愛く飛び跳ねてみたり。
天性のアイドル増田貴久。

けれど、トップへ行くぜと、上ばっか見てるワケじゃない。
ファンがいつも隣にいることを忘れない。
一緒に歩こう、こっちでいいよねと、手を繋いでくれているような。
そんな人。

それをまた確信したというか、強く感じた今回のライブでした。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。